Photographic Engineer

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トリを務めるということ。

トリとは「取り」もしくは「主任」と書き、演目の最後を務める人物のことを指します。
元々は芸人さん用語であったようですが、素人の間でも当たり前のように用いられることが多いです。
困った使用例として、例えばサークルなどの自己紹介の時に貴方が最後となった場合、

「おっ、トリだぞトリ!」

というのがあります。
別に最後だからといって盛り上げる必要も本来はないのですが、こういう無責任なムチャぶりをする人が後を絶たず深刻な社会問題となっています。
コレを言われると理不尽にハードルが上がってしまい、どんなに面白いことを言ってもまず間違いなくスベるものであって、つまりこの手のことを平気で言うのは自分では面白いと思い込んでいても大抵この辺のことが分かってないとてもつまらない人物であることが多いのですが、その巻き添えを食うのも癪なので、どうにか上手に切り抜けてたいところでありましょう。

割と効果的なのは延々しゃべり続けることだそうで、例えば、

「え~ただいまご紹介にあずかりました○○と申します。本日はお足元の悪い中ワタクシのためにお集まりいただき誠に恐縮であり、ワタクシの名前だけでも覚えて帰っていただければ非常にありがたく思います。さて、ワタクシは今年で30歳、パンダ年齢で言うと7歳であり、パンダの平均寿命が14歳であると聞きますのである意味では人生の折り返し点に立っているものでありまして、その記念すべき日にこうして皆様とお会いできたことはきっと何かの縁でありま」

などとしゃべっていると、きっと「長いよ!!」とツッコミが入ることでしょうから即座に「ありがとうございました」と〆てしまうのが良いでしょう。特にオオウケもしませんが大怪我もなく生還することが可能です。

「取り」というのはそもそもギャラを一旦総取りし、その後芸人たちに分配する役割をしたことから来ているそうで、たまたま最後になっただけのトリでもさらっとオシャレに切り抜けたいものです。


Olympus OM-D E-M5 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければクリックを。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/12(火) 02:25:34|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

閑話休題 -廃人達のコミュニケーションについて-

Y庵ちょっとお休み。

『廃墟探索中に同業他者と出会ったらどうするか?』という命題について、
「挨拶する」「すこし会話する」という意見が支配的である昨今、
関係者のフリして「ダメだよ~こんなところ入っちゃ~!」というのはいかがか。



Olympus OM-D E-M5 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければクリックを。
  1. 2014/07/22(火) 18:58:37|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニッポンの機微ということ。

あなたが初対面の二人を引き合わせる場合、目下の者から先に紹介するのが礼儀であります。

ただし、一方が同じ会社で、もう一方が取引先だったりする場合、例え役職がはるか上であっても身内の人間を先に紹介するのがさらなる礼儀だったりします。

そういう立場に立ったときは非常に難しいもので、マナーとして正しい順番であってもこちら側が役員クラスで相手がヒラだったりすると空気が微妙な緊張感に包まれることうけあいであり、上司の人となりによってはボーナスの査定に響いたりしてしまう可能性がないとは言い切れないあたりが恐ろしいところだと言えましょう。

したがってここは敢えて上司を先に紹介するのがキレ者の所業であって、上司もまんざらでなく先方も気楽であり、何より空気の読めるヤツとしてあなたの評価もうなぎのぼりであり三者大満足でありましょう。

かように日本的マナーというやつは非常にかったりぃうえめんどくせぇものであって、もし自分が上司になった暁には部下に余計な気遣いをさせぬよう積極的に自分から前に出て自己紹介しまくりであり、なんならLINEのIDをその場で交換し個人情報その他を先方に強制的に送りつけ忘れられぬインパクトを残す理想の上司になろうと思います。


Olympus OM-D E-M5 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければクリックを。
  1. 2014/07/10(木) 21:33:03|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼を知り己を知るということ。

ワールドカップにおける日本代表とグループ内各国の力量差は、
某スラムダンクにおける湘北高校と山王工業(+有能監督)っくらいと考えると、
目安となるでしょう(´・ω・`)

そして、日本代表を心の底から応援したくなるでしょう(`・ω・´)ゞ


Olympus PEN mini E-PM2 + LUMIX G 20mm F1.7

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければクリックを。
  1. 2014/06/22(日) 01:19:36|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『デキる女』ということ。

*今回の文章は単なる冗談であり、あるあるネタ・悪意のないジョークとしてお楽しみください。


最近同僚の女性と盛り上がった話として、『デキる女』とは?というものがあります。
そこである程度固まった『デキる女』像について語っていきたいと思います。
なお、なぜ『』が付いているかはお察しください。

『デキる女』のルールその1:仕事はもちろん仕事以外もデキる
最近はそうでもないかもしれませんが、ちょっと前までは「仕事ばっかりの女はそれ以外はダメ」という出所不明の認識が幅を利かせておりました。『デキる女』であるなら仕事以外の面も積極的にアピールです。例えばさり気なくアクセサリーをハイブランドにしてみたり、香水などを服に合わせて変えてみたりなどは序の口であります。重要なのは、自分からこれらのことを口にしてはならないということです。「これ似合う?」などと言い出した途端説得力ゼロであり途端にデキない女に格下げであるので、周りが気づくまでしつこく無言のアピールを続けましょう。その際、『とっくに気づいててあえて無視してたけどアピールがうざいからしょうがなくイジってやった』などと下に見られていないかどうか十分に注意しましょう。
また、仕事一筋の女性が知るはずもないオシャレな隠れ家的お店に同僚や後輩を連れて行き、「昔はよくここに来た」アピールをするのも上級者向けですが有効です。さらに周囲からの「誰と来てたの?」の質問には微笑して答えを言わないなどすると『デキる女』偏差値はうなぎのぼりであり一目置かれること請け合いと言えましょう。

『デキる女』のルールその2:『デキない女』への気配り上手
何故か『デキる女』は『デキない女』から敵視されるのが世の常です。「ちょっと仕事が出来るからって周りをバカにしている」などと根も葉もない噂を立てられて仕事に支障が出ないように、コミュニケーションと言う名の比較的どうでも良い会話を頻繁に交わしておくのが『デキる女』です。
「あら、髪型変えた?どこのお店?」「そのファンデーションいいなぁ」などこまめにチェックを入れるのはもちろん、自分の悩みを頻繁に周りに話しておきましょう。と言っても深刻な悩みだと何故か相手にナメられる危険性があるので、ここは「友達以上恋人未満の相手とうまくいっていない」「親が将来のことについて最近口うるさい」など時には架空の悩みをでっち上げてでも悩みを振る舞っておくと「ちょっとあの人いい人かも」などと好感度がアップすること請け合いと言えましょう。

『デキる女』のルールその3:馴れ馴れしいオサーン上司をサラリとかわす
最近は全国的に生息数が減少している傾向にありますが、それでもやはり「女子社員に無用の会話をふるオサーン社員」はどの職場にも一人二人はいるものです。と言うかかなり上の役職についているオサーンは大抵コレで、何故か共通する特徴として『ちゃん付けで呼ぶ』『話のフリが唐突』『何でも結婚や恋愛に結びつける(髪型変えた⇒失恋とか)』『話のオチ・締めが相手任せでめんどくさい』があります。例として、

オサーン「○○ちゃんもそろそろ結婚を考えなきゃね」
女子社員「まだまだ全然です。いい人がいたら紹介してください」
オサーン「またまたそんなこと言って~」

などがあり、女子社員の返しでキレイに終われたのにもかかわらず、その後の展開も考えないまま会話を続けてしまいグダグタでオチが相手任せであるのがオサーン特有の生態であり、プロのツッコミ芸人さんであれば「今んとこで終われたじゃねーかよ!!」ともう一笑いをゲットして終わるところですが上司と社員だとそうもいかないのが余計ストレスを貯めることろです。
しかし『デキる女』は「ああこのオサーンはなんとかして女子と話したいけどフリもオチも下手なかわいそうな人なのね」と慈愛あふるる目線でにこやかに会話を続け、好感度をゲットするクレバーさを持ち合わせているはずです。

以上のように「本音と建前と欲望と下心渦巻く職場においてすべて分かった上で巧みに心理戦を制し自らの地位を上げていく仕事もプライベートも一生懸命なのが真の『デキる女』である」という結論に至ったのですがこれ以上書くと全人口の約半分を敵に回しそうな気がするのでこの物語はフィクションであり実在の人物とは全然全く微塵もワタクシと関係ありません。


Olympus OM-D E-M5 + LUMIX G 20mm F1.7

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければクリックを。
  1. 2014/06/10(火) 03:10:59|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ネコ男爵

Author:ネコ男爵

Instagram

街スナップや夜スナップ好きで、
旅行先で深夜徘徊しながら
写真撮ってます。

写真やカメラに詳しい方
いろいろ教えていただけると
うれしいです。

リンクはフリーです。
コメントもお気軽にどうぞ。

相互リンクしてくださる方募集中です。

所有カメラ:
Sony α7
Panasonic DMC-GF1
Olympus OM-D E-M5
Olympus PEN mini E-PM2

所有レンズ:
FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA

LEICA DG SUMMILUX 25mm
LUMIX G 20mm F1.7
LUMIX G VARIO 45-150mm
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6


オールドレンズ:
CONTAX G Carl Zeiss Planar T* 45mm F2
CANON New FD 24mm F2.8

↓お約束ですが、
【ご注意】
当ブログ中の画像の無断転載・無断転用を
禁止致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ





最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (106)
横浜 (19)
街撮り (179)
自転車 (73)
大阪 (10)
名古屋 (10)
京都 (1)
室外機 (4)
廃墟 (20)
石膏小学校 (4)
雑談 (51)
白い廃校 (2)
K分校 (2)
ロシア村 (3)
Y庵 (5)
化女沼レジャーランド (1)
松尾鉱山 (1)
湊海軍病院 (0)
日大セミナーハウス (1)
明野劇場 (0)
詐欺寺 (0)
S診療所 (0)
稲取隔離病棟 (0)
神の住む家 (0)
J学園寮 (0)
証券会社廃寮 (0)
友ヶ島 (0)
E小学校 (2)

月別アーカイブ

ツイッター

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。